筆者注目の地震

直近1週間のM4.0以上の地震は、茨城南部、根室半島南東沖、三陸沖、沖縄本島近海、薩摩半島近海で発生しておりますので引き続きこれらの地域は注意が必要であると思われます。

11月は、豊後水道、日向灘、沖縄、滋賀、兵庫などの西日本と地震がありました。また、茨城、宮城、福島、北海道東部の地域でも地震が頻発しており、今後警戒しておくことが良いかもしれませんね。
また、四国の瀬戸内海を中心とする地域では、10/8の愛媛でM3.0の地震が
発生してからほとんど発生していませんので、これらの地域における歪みも蓄積している
と考えられます。警戒は必要ですね。
==>と書いていたのですが、やはり、西日本でけっこう大きな地震があるのではないかと
筆者は予測しておりましたが、薩摩半島で発生してしまいました。
被害としては、最大震度4を佐賀県で観測するにとどまりました。
被害自体は本当に最小限で幸いしていたかと思われます。
お近くにお住まいの方は、余震にも十分ご注意くださいね。
震度5クラスの大きな地震はしばらく発生しておりませんが、
忘れがちですが、7/13に震度5強の地震が大分でありましたね。
忘れないように視野に入れて注意しておきましょう。
しばらく、M5クラスが来ていません。豊後水道でも地震が発生し出していますので、
いつ大分で発生してもおかしくはない状況であるともいえます。
全体的には、八丈島東沖などでM5クラスの地震も発生してきています。
南海プレート上は10月が割と穏やかでしたので、11月、12月と大きな歪みエネルギーが蓄積
されているはずですので心配ですが、
今回の薩摩半島沖のM7.0で今までの蓄積されたエネルギー分がだいぶ発散されたのではないかとも
思います。余震に注意するとともに、今後はやはり南関東地域、新潟など日本海地域、
淡路島近海、四国、北海道東部など警戒は必要ではないかと思います。
あらためて、今この期間に防災グッズなど震災に対する準備を見直して
おきたいですね!
筆者は、だいぶ前に買った防災用のミネラルウォーターや、ガスコンロのガスなど補充し直したり
しています。古くなったものは料理で使い切ったりして、順次新しい物に切り替えています。
いざ使いたい時に消費期限が切れていては目も開けられません。
一度にやらないで、コツコツ始めてゆくと楽しくできますよ!
次回早川氏の発表は11/23(月)、臨時発表のある場合は11/19(木)更新ということです。
また、随時更新します!
最後までご拝読頂きましてありがとうございます。