2016年に入り、よく地震前兆?の地鳴りが聞こえたとする情報が相次いだそうです。

異例なことではあるのかなと思うのですが、
実際に高知県庁では、地鳴りやそれら音の原因に関する情報や異常現象など含め公的に収集しているようです。
よく、地鳴りは、地震前兆、予知に関する現象として発生するとされる地震雲虹や犬やペットなどの動物達の異常行動のように出現する大地震発生直前のような前兆、予知現象の一つとして認識されてきているようです。

そんな、地鳴りは本当に南海トラフ地震や首都直下地震などのような大地震前兆現象として認識できるものなのでしょうか。
地震前兆現象として、南海トラフ地震、関東大震災などのような大地震前兆・予知、予測へ役立たせることが可能なものなのか、色々と情報を調べてみることにしました。


jishin_jinari_1
 

地鳴りは本当に地震前兆現象や大地震の予知とみなせるのか、その原因は何か

まずは、まだ「地鳴り」の現象についてご存知ではなかった方向けに、
高知県の2016年2月29に目撃されたとする高知某新聞社発行記事
を確認してみましょう。地鳴り、音、発行現象などの目撃現象に注目です。

高知県の某新聞社による地震前兆?の地鳴りに関する記事(抜粋及び一部要約)

2016年2月29のAM1時頃、高知県南国市や香南市、高知市などで揺れや音を伴う「衝撃」を感じた人が多くいた。

内容は、
「ゴゴゴーという地鳴りがした」、「ドーン!というすごい音がした」、という他にネットでは「地震だったのでは?」と騒然。
体験した方に聞くと、「現象があったのは2月29のAM1時10分前後」という。
「縦揺れがした」、「子供が地鳴りで目覚めた」、「ものすごく速いものが通った時の衝撃波のようだ」、
などの体験が多かったという。

中には、「家がミシミシとし地震のよう」、
「外が光った」という目撃現象もあったという。

地震説が多いというが、高知地方気象台は「体に感じない揺れ含めこの時間帯に地震の発生はなかった」
とし、「当時の気圧配置も安定。雨雲も何十キロと離れていた」。

そして、隕石説は、国立天文台が「隕石なら目撃情報があるのが一般的。ネット上にも情報が溢れるはずであるが、今回は目撃情報がないんですよね?」とやんわり否定。
戦闘機については、中国四国防衛報道室が「夜自衛隊の間飛行はない。米軍も午前1時の訓練はないのではないか。」
とこれまた否定されている。

という記事内容で、戦闘機説もやんわりと否定されていますが、完全に否定ではないようです。
このため、地震前兆の地鳴りなのではないのか?ということで「地震前兆現象」なのではないかというのが有力となっているのではないかと思われます。

ちなみに、この地鳴りという「地震前兆現象」が目撃されたとされるこの日以降、
3月19日に四国沖でM3.9という地震が発生はしています・・。
これは大地震ではなく比較的規模が小さな地震です。
4月16の熊本大地震までは1か月以上ありますが、地鳴り発生地域ではなく大地震の発生方向(四国、九州に近い地域)があっていたということは無理やりに言えそうです。


jishin_jinari_2
2月29日、AM1時頃に関する高知の気象庁過去データを見ても確かに最大瞬間風速は2m/s前後、気圧も1018hpaということで確かに気象条件としては安定していました。

「地鳴り」に関するtwitter情報

また、twitterではこんな情報もありました。

なみねこ ‏@naminekommyk223 3月1日
遠雷で決着がついたはずでは?違ったのでしょうか。 #高知 #高知新聞 #遠雷 #地震 #地鳴り

なみねこ
‏@naminekommyk223
高知県民と分かるツイート多数。地震だったのか、何なのか。夜中に気持ち悪い。揺れる前に空が光ったような気もしたんですが? #地震 #高知 #雷 #地鳴り

当時、「何かが光った」という証言も出ているようです。
筆者は、実は戦闘機説ではないかと思いましたが・・・。

隕石説は、本当に隕石だとしたら他国からの目撃情報も相次いでいるはずで、高知以外の方も多くの方が確認できたのではないかと思います。確認できたなら、中にはネット上にアップされ「これはなんだ??」とニュースになったはずです。
高知限定で、そして狭い地域で目撃現象が相次いでいたというのが1つ気になるところではないかと感じました。

長くなりましたので、考察と結論を次のPAGE2で述べることにします。