筆者大注目の地震

直近1週間のM4以上の地震は、11/19薩摩半島西沖でM4.2,M4.6、11/19福島沖でM4.1,M4.8、11/20宮城沖でM4.3,茨城北部でM4.4、父島近海M5.3、硫黄島近海でM6.0、11/22北海道根室半島南沖でM4.6が発生しました。

引き続きこれらの地域は注意が必要であると思われます。
硫黄島近海の大地震M6.0です。

これらの地震が南関東への大地震の前兆とならないか心配ですね。
今後の動きが気になる所です。

一方で、四国の瀬戸内海近海の地域ではほとんど地震が発生しておりません。
近い所で兵庫、紀伊水道ですね。

あまりに静かな所は、急激な割と大きめな地震も発生しやすいのかなという
今年の動きです。7/13に発生したM5強の大分巨大地震は強烈でした。
継続した警戒は必要ではないのかと思います。

今回、早川氏の最新の予測では範囲に依然として入ってきておりませんが、
注意はしておきたいです。

特に、今回は、早川氏が予測している南関東地域、東北北部、北海道東の群島に渡る地域は要注意であります。

全体的には、M4クラス、M5クラスの地震も頻発しており増加傾向と見ます。
ここぞでくるかもしれない、M5クラスの地震には備えられるようにしておきたいですね。

あらためてこの時期に大震災に対する準備を見直しておきましょう。

ちなみに、筆者は予備の飲料用の水をさらに充実させました。
ガス缶などの補充、ライト、電池なども見直したいですね。

次回早川氏の発表は11/30(月)、臨時発表のある場合は11/26(木)更新されます!
ご拝読頂きまして、ありがとうございます。