地震解析ラボの早川氏が伝えている、6/30から7/6までの
最新の地震予測のお知らせが6/29にありましたが、
さて、結果はどうでしょうか。
その最新情報をお伝えします!


chichisima

早川氏の6/30〜7/1の地震の予測と結果

それでは、M4.0以上の地震を取り上げて考察してみます。

M4.0以上の発生地域

・父島近海(6月30日16時12)

父島近海で1回M5.3の地震がありました。
小笠原村の西沖になりますので、まさに予測的中だった
わけですね。

【予測されていない地域】
・今のところ東北日本海側沿岸以北ではまず発生しにくい状況
・今のところ京都北部、石川全域では発生しにいくい状況
・佐賀、長崎では発生しにくい状況


他の発生地震は、計17回ありました。
M4.0以下で予測されていない地域で発生したといえるのは、
山形県置賜地方でのM3.2という地震だけでしょうか。
太平洋側で頻発している地震ですので、東北地方で微弱な
地震が発生してもおかしくはないような現状です。
依然、警戒はしておくべきだと思います。

早川氏の地震予測情報は活用すべきか?

地震予測をしている研究者は他にもたくさんいます。
ほとんどの研究者は長期予測が多いです。昨年からマークされている地域での
巨大地震はほとんど発生していないような現状実績ですね。

ということは、長期予測は予測には使えないのではないかと感じています。
短期予測をされている早川氏の精度が良いうえ、
ほぼ毎週地震の予測情報の公開をされております。

これは、積極的に予報として聞き入れる方が得策だと思います。
事前に予測察知ができれば備え、またはその時に構えることができます!
そのためにこのような情報は積極的に活用していくべきだと思い、
情報発信をします。
次回は明日7/2に変更があれば発表とのことですが、
注意深く警戒しておきたいところですね。