M4.0以上の地震予測の研究を行っている
早川氏ですが、本日7/13に最新の地震予測の速報を発表しました。
その内容を確認してみましょう。


0713

早川氏の7/13~7/20までの地震予測

【M4.0以上の地震予測地域】

・沖縄諸島及びその近海
・和歌山、三重、愛知、静岡、神奈川、東京、千葉の太平洋沿岸地域
・埼玉、群馬、茨城などの関東及び北関東
・新潟中部及び長野東部などの広い地域
・小笠原近海及び以南の地域
・千葉東部の近海以北から北海道えりも町近海までの太平洋側


あくまで予測ですので参考までにしておきたい所ですが、
今回は前回版よりも、和歌山、三重、愛知、静岡の広い太平洋側の
地域が含まれることになりました。
和歌山、三重、愛知、静岡及びその近海と、関東~北関東、沖縄諸島及び近海、
長野、新潟の広い地域、千葉~北海道の太平洋側で
の地震が発生しやすい状況となっております。
警戒していきましょう。

【M4.0以上の地震が予測されていない地域】
・九州地方全域、四国地方全域、中国地方全域
・富山~山口の広い日本海側の地域
・北海道内陸

総括

前回とほぼ同等の予測地域となっていますが、
和歌山~千葉の広い地域も含まれることになりました。
7/10から本日までに予測されていない地域での地震では、
大阪府北、日向灘、大分、日高地方でありました。

今朝の大分の大型地震ですが、これは
前日の沖縄で地震が発生した影響かと思われます。
7/9発表時点の早川氏のデータにはおそらく乗り切らなかった
ものがあるでしょう。
筆者の考えでは、沖縄諸島で地震が発生した場合は、九州、四国地方
も警戒しておくべきかと思います。


なぜならそれらは、ユーラシアプレート上だからです。
ここ最近の地震では、茨城であったかと思えば、東北青森・岩手、
北海道沖で地震が繰り返してありました。これらは、北米プレート上です。
同じプレート上で繰り返し地震が発生していたかと思います。
これからも早川氏の予測とプレート上の地震発生地域に関して着目したいところです。

M4.0以上の地震が7/10以降に9回もありました。
M4.0以下の地震は9回ありました。
直近でいえば、前週より増加しています!
地震が起きている地域では余震も考えられますので、
継続して警戒が必要な地域だと思われます。

次回早川氏の発表は7/20(月)ということですが、
もし新たな情報が追加された場合には7/16(木)に臨時配信される
とのことです。
また、随時更新します!