M4.0以上の地震予測研究者である早川氏ですが、
8月2週目も高確率で的中させ続けており、注目を集めています。
本日8月17に8月最新地震予測の速報が発表されました。
その内容を確認してみましょう。


20150817

早川氏8/17~8/24までの地震予測

【M4.0以上の地震予測地域】
大きく4つの地域が出ております。

・徳島、香川、高知、兵庫、大阪、奈良、和歌山、三重などの紀伊水道周辺の地域
・岐阜、富山東部、長野、新潟全域、長野、山形南部、福島
・千葉~岩手(太平洋側近海の地域含む)
・岩手〜釧路(太平洋側近海の地域含む)


あくまで予測ですので参考までにしておきたい所ですが、
今回は、前週の予測地域より変化がありました。
大分、山口などの瀬戸内海及びその近海地域は除外されました。
しかし、8/10以降は、沖縄諸島や茨城~北海道にかけてM4~M5クラスの地震が頻発しています。

また、新潟、長野、父島(小笠原)近海、鹿児島湾、和歌山、
高知・広島などの瀬戸内海隣接地域でも微震が発生
しています。
引き続き警戒したいですね。

総括

前週と比較すると地震予測の範囲に変更がありましたね。
瀬戸内海及びその近海地域は予測地域からはずされていますが、
微震が発生していることから警戒は必要であるといえます。
また、地震が頻発している千葉~北海道の太平洋沿岸の地域は
引き続き警戒しなければならないと思います。

四国の瀬戸内海を中心とする地域では、
震度5クラスの大きな地震はしばらく発生しておりませんが、
7/13に震度5強の地震が大分で発生しています。
そのために警戒解除とはまだいかないと思います。

ここ直近で比較的大きい(M5以上)の地震のあった、
北海道、父島近海、沖縄諸島も警戒が必要であるともいえます。
今後の大きな地震には十分注意したいところですね。

次回早川氏の発表は、臨時発表のある場合は8/20(木)ということです。
筆者諸事情により若干更新遅れ(2日程度)あると思いますが、
また、随時更新します!