M4.0以上の地震予測研究者である早川教授ですが、
8月4週目も高確率で的中させ続けており、注目を集め続けています。
本日、8月31に9月最新地震予測の速報が発表されました。
今回もM6.0以上の予測地域も追加されたようです。
その内容を確認してみましょう。


20150831

早川氏8/31~9/7までの地震予測

【M4.0以上の地震予測地域】
大きく4つの地域が出ております。

・徳島、香川、高知、兵庫、大阪、奈良、和歌山、三重などの紀伊水道周辺の地域
・愛知、静岡、長野南部、山梨、神奈川、東京及び東京湾、相模湾、駿河湾などの地域
・千葉~ 宮城(太平洋側近海の地域含む)
・岩手東部、青森東部~えりも町、釧路(太平洋側近海の地域含む)


【M6.0以上の地震予測地域】
大きく2つの地域が出ております。

・沖縄諸島及びその近海地域
・八丈町近海以南の地域


あくまで予測ですので参考までにしておきたい所ですが、
今回は前週とほぼ同等な予測地域になっております。
M6.0以上は沖縄諸島及び近海と八丈町以南の地域です。
ここ1週間における地震は、静岡西部、宮城沖、茨城沖で
特に頻発
してますね。
また、八丈町以南の地域の地震は、8/29の硫黄島近海
におけるM5.8(深さ140km)という大きめの地震が発生
しております。
いずれにしても要警戒地域ということになるでしょう。
一方で、沖縄諸島では地震がほとんど起きていませんので、
逆に今後の警戒地域となるでしょう。

総括

前週と比較すると地震予測の範囲には大きな変更は見あたりませんね。
地震が依然として頻発している茨城沖~北海道の太平洋沿岸の地域は
引き続き警戒しなければならないと思います。
また、四国の瀬戸内海を中心とする地域では、
震度5クラスの大きな地震はしばらく発生しておりませんが、
7/13に震度5強の地震が大分で発生していますので、
今年度中はしばらく警戒地域とすべきであると思います。
ここ直近で比較的大きい(M5以上)の地震のあった宮崎、硫黄島近海、
北海道択捉島付近は継続した警戒が特に必要であるともいえますね。
今後の大きな地震には注意したいです。

次回早川氏の発表は、9/7(月)ということです。
臨時更新のある場合は、9/3に更新されるそうです。
また、随時更新します!