【M6.0以上の地震予測地域】
ありません。

あくまで予測ですので参考までにしておきたい所ですが、
今週の予測地域と比較すると若干変化がありました。

総括:地震予知の早川氏による10月最新の予測結果など

ここ1週間の発生地震は、10/20の小笠原諸島のM5.7が最大で、
M5クラスの地震は、10/21の福島県沖でのM5.5の連発地震
などでしたね。

先週は、鳥取で集中的に地震が頻発しました。
いつ大きな地震がきてもおかしくはないと思います。
十分警戒し、今後の地震にご注意ください。
宮古島、鳥取中部の地震は予測地域からははずれてしまったと思いますが、
M4クラスの地震のあったほぼ的中ということになりますね。
ものすごい的中率ということになります。

地震が依然として頻発している東北太平洋側を中心とした東日本の地域、
M5クラスの地震のあった宮古島含む沖縄諸島、
なにかと地震がある北海道南沖〜根室に渡る広い地域、
そして連続した地震を記録している鳥取県、
そして、9/12にM5クラスの地震が発生した東京湾を中心に
村井氏も予測している南関東地域は引き続き警戒しなければならないと思います。

そして、直近の地震においてはM4までは到達しませんでしたが、
五島列島、大阪、山梨、長野、栃木などでも地震がありましたね。
やはり、地震は活発化してきていますね!

前の週まで比較的穏やかでしたので、その分エネルギーが蓄積され
徐々に増加しているものと考えられます。今後の大きな地震に注意しましょう。
また、四国の瀬戸内海を中心とする地域では、
震度5クラスの大きな地震はしばらく発生しておりませんが、
7/13に震度5強の大分の地震がありましたので警戒はしておきたいですね。

次回早川氏の発表は10/26(月)になるそうです。
もし、更新情報があれば、10/22発表もあるとのことです。
いつも読んで頂きありがとうございます!
また、随時更新します。