なぜ村井氏はタイへ訪れたのか?

村井氏は、王立タイ測量局の視察と大学院でのスピーチで訪れたそうです。
やはり、測量が専門の村井氏ですから、海外の測量局から新しい知見を得たり、
情報を交換するのに最適なのでしょう。
日本の先端科学の紹介も兼ねていたそうです。

そして、測量を地震予測に応用している村井氏ですので、
もちろん彼の専門分野の紹介も兼ねているようです。

11月2日には、アジア工科大学院ワークショップを開催し、
地震予測に関する発表を英語でスピーチされたそうです。

海外をまたにかける研究者は英語も達者なようですね!
タイにもご友人がいらっしゃるそうです。

他に、インドネシア、インド、ネパールなど地震国の参加があったようで、
アジアも地震国多いですから大変興味を持たれているとのことです。

日本の先端技術の紹介やご自分の地震予測に関するスピーチであったり、
あのお年にもかかわらず、かなりエネルギッシュですよね!?

筆者も村井氏のエネルギッシュに活動して
情報交換をたくさんされる様子などは見習いたいなと思います!

村井氏の活動に動きがあれば随時更新したいです。
最後までご拝読頂きありがとうございました!