earthquake_house

5月に入り、ここ最近で地震を予知し、ほぼ当てまくっている
のが地震解析ラボの早川氏である。

ちなみに、この5月に発生した地震と早川氏が予知した
地震の内容と発生地震を比較してみました。

2015年5月の発生地震と予知されていた地震はこれ!

かなりの精度の予測値です。
まずは各予知内容と発生地震を見てみましょう。

2015年5月22の奄美大島近海発生地震

【予測】2015年5月21日発表 海底が震源の場合M6前後、
地表から30km未満であれば最大震度予測5弱(地域は奄美大島近海が示唆されている)
【発生】2015年5月22日22時28分、奄美大島近海約21kmM5.1、最大震度5弱

 

2015年5月25の埼玉県北部発生地震

【予測】2015年5月14日発表 内陸M5.5 地表から30km未満なら最大震度予測5弱(地域は関東地方)
【発生】2015年5月25日14時28分、埼玉県北部、深さ50km、M5.6、最大震度5弱

 

2015年5月30の茨城県南部発生地震

【予測】2015年5月28日発表 内陸M5.0海底M5.0、最大震度予測4
(発生予測地域は茨城〜福島が示唆されている)
【発生】2015年5月30日01時06分、深さ50km、M4.8、最大震度4

 

2015年5月30の小笠原諸島西発生地震

【予測】2015年5月21日発表 海底M6.0 最大震度予測5弱
(発生予測地域は静岡東沖〜小笠原諸島にかけて示唆)
【発生】2015年5月30日20時24分、小笠原諸島西方沖、深さ682km、最大震度5強

 

2015年6月4の釧路地方中南部発生地震

【予測】2015年6月1日発表 内陸M5.0 海底M5.0 最大震度予測3
(発生予測地域は北海道釧路地方中南部〜東部にかけて)
【発生】2015年6月4日04時34分、北海道釧路地方中南部沖、M5.0、最大震度5弱
以上、参考:http://earthquakenet.com/blog/
以上、かなりの予測の精度ではないかと思います。
予測日も、1日前〜11日前までで予測され公開されてました。
短期予知が難しいとされながらもここまでの確率は嘘ではないのかも
しれませんね。
特に、茨城・小笠原の時の地震では、その前にかなりのイルカが
茨城に打ち上げられてましたね。
電磁波関連と、これらの事象はかなり密接ではないかと思います。
イルカに関しては1ヶ月も前ですが・・・。

そもそも地震の予知とはどういうことなのか?
まとめてみました。

地震を予知するということは、
・地震の発生時間、場所、大きさを精度良く予測すること

ということが定義されています。
中でも、地震予知の種類も大きく2通りあるとのことです。

・短期予知:地震発生直前(数日前〜数週間前)のもの
・長期予知:将来の地震発生可能性に関して、発生しうる確率で表現したもの

早川氏はこれに当てはめれば、短期予知に入ることになります。
この予測が本当に信用できるかどうかは今年の検証が進んでの
ことにはなりそうですが、しばらく筆者は注視していきたいな
と考えてます。