政府が算出する活断層地震、30年以内に50%の確率でM6.8が・・・


20160701_3

政府の地震調査委員会も中国地方における30年以内の大地震発生確率の見直しも行っている。結果から行きますと、

中国地方の全域:50%
鳥取・島根東部:40%
山口県西部:14〜20%
岡山・広島:2〜3%
ということです。

中国地方の全域では、50%の確率でM6.8の大地震が発生するとのことです。
南海トラフの海溝に依存する数値ではないような文言も見ましたが、
それにしても高い数値でした。断層と過去発生地震から割り出した確率とのことです。

一方で、関東では、50〜60%ですからそれよりかは
低い数値ということになりましたね。
また、九州地方では、30〜42%という確率です。
南海トラフに関する確率も入れるとさらに跳ね上がってしまうのか?
というところも筆者の疑問点ではありますが・・。

台湾地震予測研究所が予知する南海大地震にも警戒しつつも、首都直下地震も忘れてはなりません。
日本における地震活動も徐々に再燃してきた今日ですが、
7月〜8月と猛暑が続くことも考えられます。
さらに要警戒ということでしょう。

最後までご拝読頂きありがとうございました。