今回は、阿蘇山噴火熊本地震の関連性について、
として書いてゆく。
10月も日本では地震に関連しそうな奇々怪界な地震予知?なのか、
地震前兆的現象なのか色々と相次いでいることは確かだ。
また、4月にM7.3の大地震が発生した熊本の阿蘇山が8日未明に
爆発的な大噴火
阿蘇山噴火の影響は熊本周辺の県にも及んでおり、
風の流れによっては全国的にも灰の降灰リスクがあるかもしれない。
また、マスメディアでは、阿蘇山噴火と熊本地震について関係があるのでは?と
様々な憶測が呼んでいるのは確か。

ここでは、その阿蘇山噴火と熊本地震の関連について、
動画画像、そしてメディアや2ch
まとめで騒がれているような事実と自身の考察をさらにまとめたいと思う。


20161008_aso

10月に入り7日、沖縄ではまず日本でも有名な北谷町のビーチ
「サンセットビーチ」でサメが泳いでいるとの報告が上がった。
このような人気ビーチでの目撃はこれまでにかつてない話だ。

いずれにせよ、地震前兆の速報として挙げておきたい。

阿蘇山噴火関連の動画と画像速報!熊本地震があったばかりなのに灰まみれでヤバすぎる!


20161008_1
阿蘇山噴火直後の画像
出典:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161008-00000034-mai-soci

36年ぶりに噴火したとされる阿蘇山での大噴火。
すでに噴火した阿蘇山は入山規制がかけられているようで、
住民の3万世帯の生活にも影響を与えているそう。
影響は、観光、農業など風評的被害へと幅広く影響しかねない。
この事態を見守ることしかできないが、少なくとも阿蘇山噴火最新情報を
得て安全な場所へ避難していただきたい。

次は、阿蘇山噴火に関する続報の動画
を見てみようと思う。



阿蘇山噴火について動画続報1


阿蘇山噴火について動画続報2

阿蘇山噴火と熊本地震との関連性はあるのか?

今回の阿蘇山噴火が、4月の熊本地震
との関係があるのかあらゆるマスメディアで話題にもなっている。
様々なメディアでの見解をまとめてみた。

気象庁は「(関連性があるのか)わかりません。」の一言。
また、阿蘇山噴火に関する観測を続けている京都大の大倉敬宏教授は、
「関連性がないとは言えない。」とコメントしており、
10月に入り阿蘇山の火山性ガスが増加していたとその前兆も据えていたよう。
規模に関しては、昨年9月のものより大きいとの見解だ。


20161008_2
大方メディアの見解では、4月の熊本大地震によって元々、
マグマだまりが横に伸びていたが、
地震でさらに縦にも伸びたため今回の大噴火に至ったのではという
見方もあるようだ。

阿蘇山噴火と熊本地震に関連する考察を2chも交えて考察まとめだ

私は、阿蘇山噴火はやはり4月の熊本大地震による影響でマグマだまりが
さらに上がってきていて噴火に至ったと考えるのが普通だと思う。
いや、むしろ必然的要素。
阿蘇山は死火山ではない活火山。
昨年に噴火してから、1年と間が空いており、4月の大地震でさらに「たまり場」が
刺激されたことでマグマが急上昇したのではないかと推測している。

また、某2ch掲示板では、

・くまもん地震M7.3が起きて、阿蘇の下でも地震起こりまくってるのに
今まで大規模噴火がなかったこと自体が不思議だ。これで終わりとはどうしても思えんわ

・阿蘇噴火が、これから日本で起こる噴火の始まり。

・ま、半年から1年
長くとも数年は様子を見てみないと本当に阿蘇山に熊本地震の影響があったかどうかは分からないよね

などと、今回の影響を受け地味に盛り上がりを見せているようだ。

いずれにせよ、一番大変な思いをしているのは
熊本の当事者達である。一刻も早い阿蘇山噴火の収束を願っている。
降灰、噴石など継続して注意して頂きたい。

続いては、「沖縄の平和なビーチにたどり着いたサメ。なぜサメが有名ビーチに?」です。

下のページ2からどうぞ!