今年もゴールデンウィークがやって参りますね。

だいたい毎年5連休前後かと思います。人によってはお休みをつなげて10何連休を取られるという方もいらっしゃるかと思います。

私の周りに「ゴールデンウィークは何をしますか?」と聞くと意外にあまり計画らしい計画を立てているような様子ではありません。

理由を聞くと、「いやー、ゴールデンウィークはすごい混むからどこにも行きたくないんだよ」や、「家族連れで旅行すると高いし、近場で済ませよう」なんて声が聞こえたりします。

ましてや、最近では円安がガンガン進んでしまったせいで海外旅行も気安にいけなくなってきてますよね。

そこで、ゴールデンウィークの旅行やイベントに参加する方法を混雑を避けつつ安く済ませる方法を考えてみます。何もしないという選択肢はテーマから脱線するのであえてはずしますね(笑)。

まずはイベントや旅行へ行くための現実的な手段です。

手段

・徒歩

・自家用車

・バス

・新幹線

・飛行機

など考えると切りがないくらいありますね。

これらは、組み合わせれば組み合わせるほど行動範囲も拡大します。それにともなってかかる交通費というものも拡大してゆきます。また、せっかくのゴールデンウィークを安さだけを追求して行動をするのは、楽しいかもしれませんがあまり現実的ではないですし、満足感にともなう行動して良かったなと思える価値さえも生み出せません。

「東京から富山までランニングして帰省しようかな!」と言い張る友人がいるのですが、ゴールデンウィーク中には到底達成できませんね(笑)。

つまり、各々の手段で自分自身に価値を生み出せるように行動すると良いと思います。価値は人によっては異なります。

価値があるということは、ゴールデンウィーク中の満足感を高めるということにつながります。その日その日に合わせて手段を考えて行動するということです。

まずは、徒歩ですね。徒歩であれば、近所のいかなるイベントにも参加することが当然可能、ふらっと近所を歩くだけでも色々な発見があると思います。

あえて何も調べないで近所の歩ける所まで歩いてみることです。

・ゆっくり近所を歩いて考え事をしてみる

・平日に行けなかったカフェに行ってみる

・近場の公園や学校でイベントをやっているのを見る

・スーパーに顔を出してみたらレイアウト変わっていたりして新鮮な感じを味わう

・ドラッグストアに寄ってお試しの無料ドリンクをもらって飲んでみる

・本屋で長時間興味のある本を読んでみる

・・・・・

徒歩だけでできることには限りはあるのですが、五感で感じる事柄が一番多いのがこの徒歩であると思います。五感を刺激して満足感を得るという方法で、しかもまったく低コスト(自分の基礎代謝エネルギー+少ない運動エネルギー)。

上記はもちろん、ゴールデンウィーク中でもそこまで混雑なんてしていないですし、色々なイベントを小さな旅行感覚で掴み取ることができると思います。家にはいるけどどこにもいかないではなく、近所をふらついて五感を刺激すると普段とは違う感覚をリーズナブルに味わえると思います。

さて、次は手段の自家用車ですね。

ゴールデンウィークの旅行やイベントを混雑を避けつつ安く済ませる方法を考える第2編で私の実体験を交えて綴ってゆきます。