2016年のジョセフ・ティティルの地震予言


earthquake_house
 

リング・オブ・ファイア(太平洋火山帯)では、今後数年間で益々活動が活発化していき、2011年に日本を襲ったようなM9クラスの大地震と津波が起きる。おそらく2つの巨大地震が起きるが、一つはナイガラ(新潟?)周辺の内陸部で、もうひとつは高知沖あたりの海域で起きる。http://tankyu.hatenablog.com/entry/2016/01/04/tittelより抜粋

と予言されているということです。
「ナイガラ(新潟?)」など、発音の問題で意訳に信憑性が欠ける部分はありそうですが、「高知沖あたりの海域」というのは気になりますね。南海トラフ巨大地震のことを指していたのでしょうか。

彼の予言には一つ耳を傾けておくのは有効かもしれません。