毎年2日間で120万人ほどを集める大きな新潟の花火大会です。長岡は、母の元実家ということもありゆかりのあるお祭りです。

そんなお祭りを応援しないわけありません!
本サイトでもガンガン情報発信して応援していきます。

長岡まつり大花火大会の起源;

昭和20年8月1日。
その夜、闇の空におびただしい数の黒い影―B29大型爆撃機が来襲し、午後10時30分から1時間40分もの間にわたって市街地を爆撃。旧市街地の8割が焼け野原と変貌し、燃え盛る炎の中に1485名の尊い命が失われました。

見渡す限りが悪夢のような惨状。

言い尽くしがたい悲しみと憤りに打ち震える人々。

そんな折、空襲から1年後の21年8月1日に開催されたのが、

長岡まつりの前身である「長岡復興祭」です(引用ページ)。

恒久平和への願いを込めて長岡祭りで伝えているのです。

 

長岡まつり大花火大会開催概要

開催日時 2015年8月1日(前夜祭)、2日(花火)、3日(花火)(19:15〜21:15予定)
会場 左岸:長岡IC側(川西)、右岸:長岡駅(川東)
アクセス
  • 左岸で見る場合(富山方面から行く):越後丘陵公園に駐車し、シャトルバスで会場まで20分。
  • 右岸で見る場合(新潟、東京方面から行く):南部工業団地に駐車し、臨時バス10分。

 

長岡まつり花火大会の様子

 



ダイジェスト
 

見所、イベント、渋滞回避の最新情報

・見所

毎年、2日間で約2万発の打ち上げ実績があります。見所は、三尺玉(30号)花火で日本唯一と称されています。直径90cmの超巨大玉が約600mの上空で650mまで拡散します。貴重な花火なので2発/日です。さらに、ナイアガラ大スターマイン。大手大橋と長生橋にかけられた全長650mにおよぶナイアガラの滝を彷彿とさせる仕掛花火。そして、花火大会を象徴する復興祈願花火「フェニックス」。平成16年の中越地震の復興祈願。その花火は、夜空に舞い上がる金色の不死鳥フェニックスそのもののワイドスターマインです。

 

・おすすめのベストポジション

やはり、三尺玉がよく見える長生橋上流です。

 

・帰宅時の渋滞・混雑回避

長岡IC方面が超混雑します。わずか5km進むのに2時間超程度かかると言われています。帰宅時のカーナビ設定は、長岡ICをはずしましょう。

使うべしIC

  • 新潟方面:三条燕IC
  • 富山方面:柏崎IC
  • 東京方面:越後川口IC

2015年の最新情報は随時追記させて頂きます!!