今年も仙台七夕まつりがやってきます。祭り好きな山形出身の私としては、東北6大祭りは特に見逃せません。その中の1つ、宮城県を代表する祭りの1つに仙台七夕まつりがあります。

仙台七夕まつりの起源は?:

仙台七夕は、古くは藩祖伊達政宗公の時代から続く伝統行事として受け継がれ、 今日では日本古来の星祭りの優雅さと飾りの豪華絢爛さを併せ持つお祭りとして全国に名を馳せております。七夕まつりは本来、旧暦77日の行事として全国各地に広まっていました。 仙台七夕まつりでは、その季節感に合わせるため、新暦に1ヵ月を足した暦である中暦を用い、現在の86日~8日に開催されています。(詳細はこちら

 

2015仙台七夕まつりの開催概要

開催日時 2015年8月6〜8月8日(毎年同じ)
開催場所

勾当台公園市民広場、定禅寺通りグリーンベルト、つなぎ横丁などの仙台駅前、東一番丁通~東二番丁通周辺

アクセス

鉄道:東北新幹線:東京~仙台1.5時間(鉄道が無難です)

 

仙台七夕まつりの様子

 



仙台七夕まつり
 

仙台七夕まつり:アクセス、イベントなど最新情報まとめ

仙台市役所向かい側の「伊達美味エリア」

仙台の食を色々と食べ歩きできるフードコートスポットになります。おなじみの屋台、夏ならではのビアガーデン特設など揃ってます。また、お休み処となっています。救護所も近くにありますので何かあっても安心ですよ。

 

「つなぎ横丁」

日中は、縁日コーナーとなってます。夜は七夕踊り会場に変身。

踊り尽くしましょう!!

 

グリーンベルト西「イルミネーションエリア」

竹のアーチとLEDイルミネーションによる、幻想的な「天の川」があります。歴代の七夕ポスターもあります。

 

「東一番丁通り(アーケード)」

おなじみの七夕の飾り付け地帯です。お願い事はここへ!

 

グリーンベルト東「いこいのエリア」

けやき並木のこかげでゆっくりとできる休憩所です。懐かしい「仙台七夕」の写真もあります。

 

いかがでしょうか?

今年の仙台七夕まつりも盛り上がる事必至です!

東京から1.5時間と大変近いので飲んで食べての日帰りも可能です。祭りを楽しむ事、それが震災復興にもつながりますよね。みなで楽しんで盛り上げましょう!!